趣味を充実させるために働く

バイトを幾つもこなしているけど、何かやりがいというものが感じられないという人は結構いるものだ。周囲の知人・友人が皆やっているから自分もしなければ話題に乗り遅れる、もちろん生活費の足しにすべく働かなくてはならないというもっともな理由があるのは確かなのであるが、それらの理由だけで目を輝かせてこれらに取り組もうという姿勢には到底及ばないものなのである。もしその様な心のエアポケットに入ってしまっているのならば、少し視点を違う方向にずらし考えてみる事をお勧めする。それは何故か?つまり何らかの必要目的の為にバイトを「しなければならない」という強迫観念に捕らわれ、得たお金で何か自由に好きな事を成し遂げたいという欲求に欠けているのが問題だからである。それならば自分の好きな事や趣味にこれらのお金を使う事を想像してみればいい。あれやこれやと欲しいアイテムや行きたい場所が頭の中に浮かんで来れば、必然的にやりがいというものが湧いてくるのではないだろうか。たしかに給料を趣味等に費やす事は馬鹿に出来ない。なぜならその趣味があるからこそ働くのだから。こうした意欲が強烈に湧いてくれば若者というのは多少の無理は平気で克服してしまうもだ。その為にバイトを2つ以上掛け持ちしてしまう事も苦にならないケースも出てくるものなのだ。もちろん無理はいけない事であるが、こうした目標の為に頑張って働ける意欲を見出せるのは結構なことだ。掛け持ちをするのなら、今まで未経験の仕事に挑戦してみるのも刺激があって良いだろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です